ブログパーツ

今の時間

不動産の探し方は購入するのが中古か新築かで変わってきます

image

マンションや戸建てといった住宅などの不動産を購入したい場合は、探し方としてはまずどういった住宅を希望するのかが最初の探し方の分かれ目となります。

例えば新築分譲マンションならば、デベロッパーなどの販売会社の物件情報を探すことから始めます。地域情報誌や不動産情報を扱うポータルサイト、新聞の折り込み広告にも新築分譲物件はチラシをよく入れているので情報を集めます。その上で物件の詳細を検討して、完成前のモデルルーム見学などを通して検討するのが一般的な探し方です。

これが中古マンションになるとやや探し方が違ってきます。物件情報は主に仲介をする不動産の会社に直接訪ねて紹介をしてもらったり、不動産情報サイトから検索したりといった探し方が中心です。新築と違って物件の立地や専有、共用部分の仕様の検討以外にも、築年数や傷み具合、現在の管理状況なども知っておく必要があります。次に戸建ての購入の場合の探し方ですが、やはりマンション購入とは事情が異なってきます。

戸建ての場合、中古住宅は中古マンション同様に仲介をしてくれる不動産の会社やインターネットから探すのが一般的です。これが新築戸建ての場合は、さらに土地から購入したいのか、新築建売を購入したいのかで探し方がまた相違しています。土地の購入をしたい場合は、まず住宅用地の選定から始めます。住宅用地は課税標準の特例が設けられているので、税金が安く済むためです。

このため土地選びでは住宅用地を探して購入し、次に戸建てを建てるための建築会社を探すことになります。また土地の中には建築条件付土地と呼ばれる、安く土地を買える代わりに指定の住宅メーカーや建築会社に住宅建設を契約することがセット条件になっている土地もあるので、その用地を探す方法もあります。このように不動産の購入では、何をどういう条件で購入するかで探し方が違ってきます。土地や住宅の種類、新築か中古かといった条件ごとに最適な探し方が異なるので、留意が必要です。